総量規制対象外カードローン|借りれるカードローン選び

総量規制対象外のカードローンとは?

総量規制っていったい何?

 

総量規制とは、簡潔に言えば、お金を借りる際のルールです。では、総量規制は、いったいどんなルールなんでしょうか?
総量規制はカードローン利用者各人の年収に対する借入上限をしばるルールとなります。具体的に言えば、「年収の3分の1までしかお金は借りられない」と言うことなんです。もっと具体的に言うと、仮にあなたの年収が300万円だとすると、総量規制に照らし合わせた借入上限額は100万円までとなるのです。そして、総量規制の対象となるカードローンの場合は、どんなに頑張っても年収300万円の人は100万円以上お金を借りるのは無理なのです。

総量規制ってすべてのカードローンに該当するの?

 

答えは「NO」です。この総量規制が導入されたのは、平成22年6月の「貸金業法改正」に伴う措置であり、貸金業法は消費者金融や信販会社などの“貸金業者”に対してかかる規制となるからです。詳しく言うと、テレビCMや広告などで知名度の高いプロミスやアコム、モビットやアイフルなどは消費者金融なので総量規制の対象となります。一方、銀行も同じ貸金業を営む業界ですが、銀行は「銀行法」によって融資が規制されるので、
銀行カードローンが総量規制対象外カードローンとなります。
銀行カードローンなら、“年収の3分の1が借入上限”といった年収のしばり無くお金を借りられるのです。ただし、銀行カードローンが、いかに総量規制対象外カードローンであるからと言っても、青天井でいくらでもお金が借りられる訳ではありませんので、その点は留意しておいてください。また、銀行でも実質的には年収の3分の1程度を利用上限額とする場合が多いようですよ。


総量規制対象外のカードローンはこちら

みずほ銀行カードローン【エグゼグティブプラン】

みずほ銀行公式サイトへ

 実質年率 : 年3.0%〜7.0%
 最大利用限度額 : 1,000万円
 融資 : 即日融資も可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
 特徴 : WEB完結申込みで、最短即日利用可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
  • みずほ銀行の口座をお持ちでない方でも最短即日審査回答可能!
  • みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません。
  •  

みずほ銀行カードローンはこちら

総量規制についてもっと詳しく

総量規制は、平成22年6月の改正貸金業法での目玉となる融資ルールです。「これからお金を借りよう!」と考えている方は、是非とも知っておくべき融資ルールです。

 

総量規制の概要

総量規制とは、平成22年6月の改正貸金業法に伴って導入された融資規則であり、もっぱら総量規制の遵守は、お金を貸す金融会社に帰されるものとなります。しかしながら金融会社が守るべきルールとは言っても、実質的に総量規制の影響を受けてしまうのは、カードローンやキャッシングを利用する個人となることは言うまでもありません。総量規制の融資ルールとは、具体的に言うと、「年収の3分の1までが借入額の上限になる」と言うことです。つまり、年収が600万円ある人の場合、総量規制の対象になると200万円までが借入の上限になると言うことなんです。そして、どんなに頑張っても総量規制の対象となる金融会社では年収の3分の1以上のお金を借りることはできないので注意してください。

 

総量規制を具体的に理解しましょう!

総量規制は、改正貸金業法の一環となることから、貸金業法の対象となる金融会社が総量規制の対象となります。具体的には、プロミスやアコム、モビットやアイフルといった消費者金融や、セゾンやオリコといった信販会社のカードローンが主な対象となります。
一方、銀行カードローンについては、「銀行法」によって融資が規制され貸金業法とは関係ないので、銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

 

総量規制ですが、総量規制はキャッシング利用者本人に適用されるものとなり、仮に“保証人”をつけた借金の場合には保証人には総量規制は適用されません。そして間違ってはいけないのが、総量規制は、消費者金融や信販会社など、個別に適用されるルールでは無く、総量規制対象となる金融会社からの借金をトータルで対象となるので注意が必要なんです。年収300万円の人は、年収の3分の1が100万円となるので、消費者金融から50万円しか借りていなくても、信販会社のクレジットカードのキャッシング枠から50万円借りていると、合計で100万円と計算されて、これ以上の新規融資は無理となるということです。つまり、総量規制の対象となる金融会社すべてでのキャッシング利用額が年収の3分の1として計算されると言う訳なんです。ただし、クレジットカードのショッピング利用代金は、総量規制の対象外となりますよ。